営業活動をアウトソーシングで業務改善を実施

プロによるアウトソーシングチーム

企業によっては日々営業活動を行い、新規顧客を獲得したり、既存顧客との関係性構築を実践しています。その中で、売り上げを上げる方法の一つとして新規営業の開拓があげられます。今までとは異なる顧客層へアプローチする事で、新規顧客を開拓し、新たな売り上げを得る事が出来ます。しかし、自社に新規営業を行うチームがいない場合や、人手不足の場合には営業代行に依頼する事で営業のプロによる営業活動を取り入れる事が可能です。

自社の社員としての活動

営業代行はあくまで自社の社員として営業活動を行ってくれますので、お客様から見るとまさか営業代行だという事には気づく事もないでしょう。自社の商品やサービス内容を営業代行に伝え、そしてターゲットとする顧客へアプローチをしてもらう事で、新たな顧客を自社にもたらしてくれます。普段から営業を生業としている代行サービスのため、営業に関するノウハウもすでに持っており、顧客の悩みやニーズを聞き出しながら商品やサービスを自社の社員の様に紹介してくれます。

月額制と実績に応じた出来高制

実際に一から人材を採用するには、採用コストと教育コストがかさむ事がありますが、営業代行へアウトソーシングする事でそのコストを抑える事が出来ます。そして、代行サービスへの支払は、毎月の定額制にする事も出来ますが、出来高に応じた支払いも可能となっています。つまり、営業成績に応じての支払いとなるため、本当に営業実績が出せるのかと不安に感じる人は出来高制にし、今後も長期的に活用するのであれば月額制を取り入れると良いでしょう。

完全歩合制の営業代行サービスは無駄がないため、利用する側にとってコスパの良さが魅力です。ですが、扱う商品の売れる見込みがほとんどない場合、断られるケースが多々あります。